HOME > 会社情報 > 企業理念・行動指針

『創業の貴さを偲び和と英知をもって
  社業の発展を計り地域社会に貢献する』

情熱をもち、チーム一丸となり優れた知恵を結集し、企業として成長し続け、
必要とされる会社として人々の暮らしを豊かにし、地域社会に貢献する。

当社の技術・サービス・情報を提供することにより、お客様の夢と地域社会の豊かな暮らしを実現する。

全社員の物心両面にわたる幸福を追求する。

社員一人ひとりが仕事に生きがいを感じ、自己実現を体現できうる職場環境を創造する。

新たなる企業文化の創造

創業100周年にあたる第48期(平成15年度)を「第2創業期」と位置づけ、技術力の更なる向上を目指しつつ、業務の効率化、省力化を図るため、組織及び制度改革を行いました。これにより、財務基盤を始め企業の体質強化を推進し、新たなる企業文化を創造することができました。

行動起点の変換 企業本位→顧客本位へのシフト

何を為すべきかを決めるのは市場であります。企業本位の理論は捨て、サービスを受ける顧客側の立場で物事を判断し行動をしていきます。お客様の声こそビジネスチャンスが眠っていることを念頭に置きます。

新たなる顧客の創造

従来の公共事業のみに依存した単品の受注産業形態からの脱却を目指し、新たな顧客を得るように努力をします。常に、固定観念に縛られることなく柔軟な思考を持って、新たな技術、工法、ビジネスモデルの創造を模索します。

「価値創造企業」&「人財創造企業」

同じ製品やサービスであっても、社員の人柄や少しの気配りや小さな工夫でお客様の満足度に雲泥の差が生じるものです。社員が、仕事に生きがいを感じて取り組めば、そこに息吹が吹き込まれ輝きが増すのであります。なので、社員一人ひとりが人材ではなく会社の宝となる人財になるための基盤を作っていきます。当社は「価値創造企業」であるために「人財創造企業」でありたいです。